塾長のプロフィール

2008年4月、静岡県を退職後、富士山南東麓に位置する裾野市須山に富士山ガーデンファームを開設しました。
以来、試行錯誤を繰り返しながら、珍しくて・美味しい超健康野菜を作ってきました。
仕事のできる喜び、目標にむかってチャレンジできる喜び、富士山を自由に撮影できる喜びを味わえたのが大きな収穫です。

プロフィール

塾の開催者、富士山ガーデンファームの代表です。
富士川河口に位置する旧富士川町(現在 富士市)出身
大学時代、キュウリの育種を研究したのが、野菜を作り始めた原点。
静岡県に入ってからは、農業行政一筋でした。

お陰様で、経験した業務が農業を始めるのに大いに役立ちました。
2008年退職後、すぐに農業を始めましたが、荒地でしたので、畑作りに3年かかりました。適地適作を基本に、昔から須山で作られていたトウモロコシとサツマイモを基幹作物に選んだのです。県内の優秀な農家をたくさん知っていますので、同じものを作っても負けると悟っていました。まったく違う品種、珍しい作物を作る徹底した差別作戦が、功を奏して、これまでやってこられたのです。
何より大事なのは健康です。第2の人生、楽しい農業を実践しようと決めて、週休2日、1000労働時間厳守で体力維持に努めてきました。
次第に、農園の西洋野菜が知られるようになり、シェフの皆さんが農園へやってくるようになりました。
フランスやイタリアで修行されたシェフの皆さんとの出会いは、とても有意義なものでした。
年間130日ほどの自由時間がありますので、富士山写真を撮って楽しんでいます。

和食のシェフと

東京から和食の佐藤シェフが、来てくれました。シェフの作る蕎麦は絶品です。

フレンチシェフと

東京銀座からフレンチの村島シェフと長屋シェフたちが、来てくれました。

和紙富士アーティスト

20117年9月、フランスのリヨン郊外で私の富士山写真展が開催されました。